homeExpertiseservicestestimonialscontact
topimage
 


Expertise


翻訳は入れ物を交換するではなく、文化を交わすことに近いと言われる。

技術系に対しても、本サービスは比較言語学を利用して、より文化に合った翻訳を行っている。

例えば日本語では名詞を中心に書くことの特徴があり、それは、従動体、長い文章、であまりはっきりしてない文が多くなります。それに対しえ、英語は動詞を重視している。論文などを構成する際は、主語をはっきりさせなければならないです。

例:最も望ましい温度は257゚Cだ、と思われたことがある。ゆえに、われわれの実験でこの温度が選ばれた。

Before After

It has been thought that the optimal temperature is 257゚C, which we considered optimal. Therefore, this temperature was chosen for our experiments.

 

For our experiments, we set the temperature to our calculated optimum of 257゚C

 

最小の訳文は直訳で、従動体が目立って、長くなりました。後者はちょっと行きすぎかもしれませんが、アクティブに返って、関係代名詞フレーズの省略ができるようになります。


例: 現在のところ、血中脂質異常を改善するのに最も効果的なのは、総カロリー消費量のようです。

Before After

Currently, the most efficient way for improving the hyperlipidemia seems to control the consumption of total calorie.

Currently, the most efficient way for improving hyperlipidemia seems to be focusing on the expenditure of total calories.

この文には(カロリー)消費量をどのように訳出するかがキーとなります。